あなたに変わり勤務先に退職のお電話をいたします。
円満退職・即日退職可能です。

  1. 退職代行コンシェルジュTOP
  2. 非弁としてできる退職代行とは?

非弁としてできる退職代行とは?

近年、退職代行サービスが話題を集めていますが、弁護士資格を持たない人が本人に代わって会社に退職の交渉を行うことが非弁活動にあたるのではと問題視されることも少なくありません。

もっとも、退職代行をする会社やスタッフも非弁活動については理解していますので、わざわざ法律違反を行うような危ない橋を渡りません。

サービスを案内するサイトや依頼者への説明では、イメージを持ちやすく分かりやすいように退職の交渉をするといった案内がなされることもありますが、実際には交渉というより、本人の退職の意思を会社に代わりに伝えるということです。

交渉活動をして報酬を得ることは弁護士法違反の可能性

弁護士などの国家資格を持つ専門家の領域では、その資格を持たない方が専門家でないとできない活動をすることが禁じられています。

具体的には法律に定められていて、弁護士法では他人の代理人となって法律行為の交渉を行って報酬を得るといった活動をすることを弁護士資格を持たずに行うことが禁止されています。

弁護士でない人が弁護士しかできない活動を行うことを非弁活動と呼び、これを弁護士法が禁じているのです。

それでも上手くいく立場の活用

伝達するだけで本当に会社を辞められるのと心配になる方もいるかもしれません。

ですが、専門の知識や経験を駆使してノウハウを持ち合わせているので心配はいりません。

自分で退職の申し出をしたのに人手不足だから困ると、退職届を受理してもらえなかったと悩まれている方もいるのではないでしょうか。

職場で退職を阻まれている方にとっては、ただ本人の意思を伝えても辞められるわけがないと思われるのは無理もありません。

この点、会社にとって従業員に対しては強い立場を取り、強引な態度を取ることもしばしばです。

他の同僚が「○○さんが辞めたいと言っています。」というのとはわけが違います。

同僚が伝達しても「本人を呼んで来い。」「本人の意思を確認しなくては話にならない。」で終わってしまいます。

退職代行のスタッフより、本人の意思として、「何が原因だったのか」を本人の意向をそのまま伝えてくれます。

一人で退職できない場合は、
退職代行コンシェルジュに任せていただくと
全て解決します!
あなたの悩みや立場にたって親身にお訊きし、使者となり、
円満退職をご提供しております。 実績、経験も豊富な、私たちにお任せください。
LINEで相談

新着相談事例

  • 【退職代行事例】介護業界 28歳女性の場合

    ▼依頼者 Mさん(28歳 女性) 業界:介護業界 雇用形態:正社員 勤務年数:1年 &...

    続きを見る
  • 【退職代行事例】食品メーカー 34歳女性の場合

    ▼依頼者 Iさん(34歳 女性) 業界:食品メーカー 雇用形態:正社員 勤務年数:1年2...

    続きを見る
  • 【退職代行事例】フラワーショップ 24歳女性の場合

    ▼依頼者 Kさん(24歳 女性) 業界:フラワーショップ 雇用形態:正社員 勤務年数:6...

    続きを見る
一覧を見る ≫

お役立ちコラム

  • 【退職代行】保存版 ◆退職代行 良くある質問

    【退職代行】保存版 ◆退職代行 良くある質問 退職代行を利用される方で特にご質問を頂く質問...

    続きを見る
  • 【退職代行】退職後に給与はもらえる?賞与を受け取るためのポイ…

      【退職代行】退職後に給与はもらえる?賞与を受け取るためのポイントは? ...

    続きを見る
  • 【運送業】運送ドライバー ブラック運送業の実態とは?

      【運送業】運送ドライバー ブラック運送業の実態とは? 運送業は「労働時間が...

    続きを見る
一覧を見る ≫