1. 退職代行コンシェルジュTOP
  2. 必見!退職時の慰留について

必見!退職時の慰留について

こんにちは、退職代行コンシェルジュです。

この記事では、近い未来に退職を考えられている方、すぐにでも退職をしたい方向けに

退職にまつわるポイントを紹介させていただきます。

 

現在勤めている会社と退職の手続きでモメてしまい、退職の話が上手く進まない

依頼者は珍しくはありません。

 

退職予定の会社からは「あと3ヶ月だけでも働いてほしい」と懇願されるケースもあります。

少しでも長く働いてほしいというのは、あくまでも会社都合で後任者の採用まで時間を稼ぎたいという事情でしかありません。

本来であれば退職する1ヶ月前に告知をしているので、退職者は余裕を持って、

引き継ぎに専念をできたりするものです。

 

ただ、会社によってはそれも認められず、退職の意思を示したにも関わらず、

上司より無かったことのようにされたり、場合によっては、罵倒されるなどして退職交渉の気力を失ってしまうケースもございます。

 

原則として労働基準法の規定により、2週間前に退社の申し入れを

会社にすれば辞められます。

ただし、各社が規定している就労規則では、通常退職する1ヶ月前までに申し出ることを社内のルールとしている会社が多いようです。

会社によっては、慣習的に23ヶ月前の退職の告知を求めている場合もあります。

 

仮に慰留の条件を受け止め、そこから働くとしてもこれまで通りに働くことが難しい可能性があります。

なぜならば、一度会社を退職を決心していることで、その後のモチベーションが上がらず、

周りの社員への影響も考えると得策ではありません。

 

確かに辞める本人としては、突然の退職を申し出ることを無責任に思う方もいるかもしれません。

しかし、退職を決意した経緯を今一度思い出し、自身を最優先に考え、行動に起こすことも

大切かもしれません。

 

どういう状況においても、慰留がある可能性を踏まえ、

計画的に退職交渉を行う必要があります。

常に短期的なメリットを考えるのではなく、中長期的なメリットを考慮して、

新しい環境へいけるようにしていきましょう。