1. 退職代行コンシェルジュTOP
  2. 円満退職の仕方と退職代行について

円満退職の仕方と退職代行について

円満退職の仕方についてご説明します。

まず円満退職とは、「会社やスタッフに不服なく退職を認めてもらい、スムーズに退職すること」、とします。

 

退職って、

スタッフ皆に迷惑がかかる、

白い目で見られる、

引き止められる、

上司に怒られる、

そのあと仕事しにくい、

とか様々な環境の悪化ってありますよね。。

 

なかなか言い出せないですし認めてくれないことも少なくないのではないでしょうか。

 

ここでは、円満退職するためのポイントと、円満退職できない場合の退職代行をお伝えします。

 

「円満退職のポイント」

1.前もって伝える。

2.退職理由はあくまで自分の都合とする。

3.関係者に感謝の気持ちを伝える。

 

 

1.前もって伝える。

会社は1年毎に事業計画を立ててすすめていきます。人員配置もその一つです。ですので急に抜けることは想定外であり、他の従業員にしわ寄せがきます。

最低でも1ヶ月前に伝えましょう。伝える場合は、所属の先輩にまずは相談するのがベターです。

2.退職理由は自己都合

どんなにひどい労働環境であったり、業務内容であったり、人間関係であったりしても、自分都合の理由で退職しましょう。

例えば、

1.どうしてもしたい仕事や業務がある。
2.勉強したいことがある。
3.身内の介護のため引っ越す。

 

こうすれば、角は立ちません。

 

3.関係者に感謝の気持ちを伝える。

仕事は一人ではできません。様々な人達の協力があって、自分の仕事があります。

お世話になった方々から一人ひとりお話しましょう。

言いにくくて直前になる場合もあるかと思います。なるべく早めにお礼を伝えましょう。

 

とはいえ、言い出しにくい場合や退職を受け付けてくれない場合も多々あるかと思います。

わたくしもその経験をしました。

 

そういう場合は、退職代行というサービスを用いると便利です。

 

退職代行とは、

退職までの全面的サポートをしてもらい、速やかに円満退職にして次の職場にうつることができるサービスです。

退職の流れ

退職届の出し方
誰に出すか
いつ出すか
挨拶はどうするか
有給消化をどう申請するか
各種書類の手続き

など多義に渡ります。

これらをまるっと任せられるサービスです。

退職自体は当人しかできませんが精神的な負担はかなり軽減します。

 

例えば、明日出社したくない場合なども、プロの退職代行により、円満に退職の手続きをいたします。

明日から出社しなくていい可能性も御座います。

 

自身と会社だと、どうしても会社のほうが強くて、会社都合となってしまいます。

精神的に辛い時は、まるっと任せて、自分の負担を軽減することも大切です。

 

まずはご自身で円満退職を目指されて、難しい場合、即日退職したい場合は、退職コンシェルジュに一度ご相談するのがベターです。